スワロフスキー について 上品キラめくために Part③ 「工房まほろ」

アイキャッチ画像

 

今日はスワロフスキーについて語ってみたいと思います😃

 
作品を作り始めてから色々なクリスタルガラスを購入して自分の作品に使ってみたのですが・・・
    
 最終的に自分がイメージする作品を表現する上で、スワロフスキー社のクリスタルガラスが一番フィーリングに合いました✌✌✌
   

 
それ以来、自分のフィーリングで”ここに”と感じたときにはスワロフスキー社のクリスタルガラスを使っています⭐⭐⭐

CIMG0097

 
    
スワロフスキー社のクリスタルガラスについては正規の代理店さんの「ABOUT SCHOOL」さんのHPに詳しく説明してあるので参考にして下さい🔍🔍🔍
    
 
クリスタルガラスについて調べてみたら通常酸化鉛が8%の含有量からクリスタルガラスと呼ばれるそうなのですが・・・
    
 スワロフスキー社のクリスタルガラスは酸化鉛が最低32%とザッと4倍の含有量なんですね!!
   
 だから代理店さんのHPにも有るように「光の反射加減により虹色に見えることがあります」との一説が・・・
   
 やはり8%クラスでは虹はかからないですね😱beautiful
    
また、スワロフスキー社はカットが有名なんです✂✂✂
    
HPから引用するなら「強度が強く、光の反射・屈折を計算し、非常に高い技術で、カットしている・・・」と有るようにタダ漠然とカットした物と計算し尽くされてカットされた物では当然違いが出ますよね🎉🎉🎉
    
そんな美しさに惚れ込んで、私はここの製品を使っています💐💐💐
    
ところで余談なのですが、ある日母と作品についてアドバイスを求めていた時の出来事です😁😁😁
    
 
「このスワロフスキーが」とか「ここにスワロ使うけどどう?」とか話していた時、たまたま会話を聞いていた父が一言「スワロフスキーってロシア人か?」なんてとぼけた一言を・・・
    
「は? オーストリアの人なんだけど💢」
    
 
 「ふーん、作品に人使うのか?
    
 
「は???この材料がスワロフスキーって会社の製品なの💢💢」
    
 って感じで・・・
    
まー、アクセサリーとかに全く無縁の人たちはこんな感覚なんでしょうかね😱😱😱
    
話を戻しますと、やはり作品の完成度を考える上で、例え一つのパーツでもおろそかにはできないのではと強く感じ、私はスワロフスキー社の製品にこだわっています❤❤❤
    
 
自分が納得した作品を作るには、「安易に妥協しない事」が大切と考え私は作品を作っています😃😃😃
 
CIMG0102


投稿者: 「工房まほろ」

性別 女性

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください