型と枠 「工房まほろ」

レジン液を流し込むためには液が広がってしまわないように枠もしくは型が必要です🍱🍱🍱

 
 
 CIMG0078A
 
 
型はシリコンなどで出来ているくぼみで、そこにレジン液を入れてUVライトを当てて固めた後に型から外します。
 
 
いろいろな形の型が有ります😁😁
 
 
出来上がったアクセサリーはレジン液が固まった物のみになります⌛⌛⌛
 
 
一方枠を使う場合は枠は真ちゅうなどで出来ている針金を曲げたような物を使います➿➿➿
 
 
CIMG0079A
 
 
こちらは手芸のパーツ屋さんが作っています💨💨💨
 
 
私が良く使っているパーツ屋さんの主なメーカーに貴和製作所とか紗や工房というところが有ります❤❤❤
 
 
こちら私はネット注文していますがもちろん手芸屋さんでも枠を取り扱っていますので手芸屋さんにも良く行きます🔗🔗
 
 
100均でも枠は有りますが・・・
 
 
値段が高い物は当然枠自体がしっかりしていますし
枠自体がオシャレになっています🍸🍸🍸
 
 
少しネジリ入っていたりキラキラしたりもあります🌟🌟🌟
 
 
枠には写真のように底がない物が多いです 🙄 
 
 
のでセロテープなどに乗っけて底を作ってレジン液を流し込んで固まったらテープをはがせば出来ます 💡 
 
 
枠を使った場合は枠は残りますから素敵な枠を使えば当然グレードアップですよ✨✨✨
 
 
先日初心者の方とレジン体験という事で一緒に制作しました 😃😃😃😃😃
 
 
初めての方は枠、それも底もしっかり有るタイプがオススメですね 💡
 
 
ライトを当てる時にまだ固まっていない状態なのにひっくり返してしまったり型から取り出しがうまく行かない失敗がなるべく無いように底のしっかりした枠を用意してそれで作って頂きました🌻🌻🌻🌻🌻
 



 

投稿者: 「工房まほろ」

性別 女性

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください